>>お問い合わせ  

中古不動産物件のリフォーム

新築の不動産物件は当然価格が高くつくものです。それに比べて、中古の不動産物件は価格が安く収まります。同じ地域のほぼ同じ面積の二つの不動産物件を比べた場合、新築と中古で価格の差がかなり大きいこともあります。地域によって同じ間取りや構造、設備であっても値段が全然異なります。そこで中古の不動産物件を購入して、一定のリフォームを加え、そうすることで新築不動産物件並みの居住性能を産み出して住んでいる人も少なくありません。賃貸で済ませる場合もあります。中古の不動産物件をローンで購入する際、同時にリフォームローンを組んでリフォーム工事を行います。最初から新規の不動産物件を購入する場合に比べて、こうすると最終的な負担総額が随分と少なくなることもなります。特に都市中心部の人気が高く、且つ新築不動産物件の数量が限定されている地域で、中古不動産のリフォーム傾向が強いようです。駐車場やパーキングなども地方より、都心のほうが値段設定が高く、土地活用時の収入も上がります。

ただし、中古不動産物件を選ぶ場合には、やはりメリットとデメリットを考慮し、総合的に検討をしなければなりません。中古物件のメリットとしては、やはり価格が安く収まる以外に、いつでもどこでも物件を探すことができます。新築不動産物件の場合、開発、分譲の地域が限られているのに対し、中古物件は幅広く分布しています。特に居住したい地域にこだわる場合は、中古不動産物件の方が自ずと選択肢が広くなります。また購入時に実物を見ることができる点も魅力です。新築不動産物件の場合は、物件が建築中とあって実際に完成するまではイメージで想像していくほかなく、細かい点まで観察することができません。それに対し中古物件は既に完成しており、実際に見て納得したうえで購入できます。建物のみならず管理状況も確認できることがメリットです。それ以外にも、入居可能日までの期間が短いという点、新築不動産物件が購入直後に中古物件と変わってしまうのに対し、中古不動産物件は中古物件のままであり続けるので購入直後の大幅な不動産価値低下がない、というメリットがあります。土地活用を考える方にはここもおさえておくべきポイントでしょう。
では、中古不動産物件購入のデメリットはどこにあるのでしょう。中古物件選びの際には、現在までの管理状況と建物の構造に注意しなければなりません。特にログハウスの場合はなおさらです。仙台など雪が降る地域では他の地方に比べて屋根の痛みが早いかもしれません。駐車場やパーキングも、維持や掃除にコストがかかります。しかし、こうした部分は個人の力ではどうにもならないので、リフォームに頼ることになります。建築後の経過件数が長いと、維持管理が万全でなかったり、老朽化が進んでいたり、また天井が低い、壁の厚みが足りないといった物件が多かったりします。リフォームについては家族と入念に話し、リフォームする箇所を決め手から、リフォーム業者と工事内容、工事費について話し合っていきます。 札幌・仙台だと床暖房なども検討されます。
中古不動産物件のそれ以外のデメリットとしては、建築後の経過年数の長い物件は公庫融資を利用できないことが多い、いつまで住み続けられるかがわからない、といった点があります。ログハウスであれば火災対策も気になるところです。こうした事情を踏まえた上で、中古不動産物件プラスリフォーム、または一時的な賃貸の利用などの可能性を考えていきたいものです。駐車場(パーキング)経営で土地の有効活用するなどで自分の土地を資源として活用することも、いい方法でしょう。

Favorite

最終更新日:2016/11/1

Copyright (C) 2008 すてきな物件に暮らす. All Rights Reserved.